スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場に見えている枚数と変化(と待ちの強さ)の比較

・愚形ターツ

受け入れが残り2枚以下の愚形ターツは待ちになったときの和了率も特に低く、他のターツより優先して落とします。

・1枚切れの場合にどう考えるか

場に高い色の場合は優先的に落とし、0枚切れ愚形ターツに場に高い色のターツがあれば残します。特に場の高低がないなら、1シャンテンなら0枚切れ>両面変化で勝る1枚切れ、それ以前は両面変化で勝る1枚切れ>0枚切れと考えます。待ちの強さに関しては、アガリ率に結構影響を与えるものは1枚切れでも0枚切れより優先。そうでないものは変化との比較と同様に考えます。

・両面

両面は既に十分強いターツなので、変化よりは見えている枚数を優先するが、1、2枚程度の差よりは場に高い色かどうかを優先したほうが良いとみる。(元々の受け入れ枚数が多いなら聴牌したら1、2枚の差は他家からの出やすさや使われにくさですぐに逆転するので)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。