FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンパイ時の待ちと変化との比較

速度面でターツを評価する要素は、受け入れ枚数と変化の質や量に加え、テンパイ時の待ちの強さ(同じリャンメンでも1-4待ちの方が端にかかってあがりやすい、場に多く切られている色の待ちはあがりやすい等)があります。

枚数以外のアガリ易さに関しては、読みという不確定要素が高いので軽視しがち(現麻でもあまり触れられてなかった)になりますが、不確定とはいえ直接の受けに関する要素なので、ターツが複合ターツになるような変化の枚数よりは優先することも多いです。

・どのような牌姿、パーツならどの程度考慮するか

面前前提で雀頭が存在するものとします(雀頭が無い場合は、雀頭を作りやすい連続形ターツは受けの面でも有利なので優先して残し、仕掛ける場合は待ちの強さは仕掛けやすさでもあるので、アガリが遠い段階からでも優先して残す)

両面は既に十分に強いターツなので、変化がそこまで重要ではありません。その分待ちの強さを優先することが多くなります。

ただ、待ちの強さは、テンパイした時に初めてその強さが発揮されるので、テンパイに遠い段階ではそこが待ちとして残る可能性も低いので効果が薄くなります。場の状況に左右されるところも多く難しいところですが、基本は1シャンテンなら待ちの強さ重視、それ以前は変化優先と考えます。但し、赤入りルールの場合、赤引きは面子が出来てからも有効なので、赤受けは常に優先します。

愚形の場合は両面への変化は大きいので、基本は両面変化への多さを重視すればよいとみます。複合ターツへの変化で差がつく程度なら両面と同様に考えます。但し、筋待ちや字牌待ちのようなアガリ易さに結構影響を与えるような待ちであれば両面変化より優先します。特に字牌トイツは守備力もあるので、(タンヤオ変化がないなら)2シャンテン以前でも優先して残すほうがよいとみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。